2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.02.02 (Mon)

いのちの名前

いい歌だなぁ。久々に「弾き語りしたい」と思える歌。



スポンサーサイト
16:30  |  薦盤 MusicCD  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.12.04 (Thu)

コイスルオトメ

最近、いきものがかりの「コイスルオトメ」ばかり歌っているふーみんです。
こんばんは。

ちなみに、ハスキーボイスが少しずつ取れ、今はちょうど内田有紀のような声です。
意外に気に入ってます(笑)

19:12  |  薦盤 MusicCD  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2008.05.05 (Mon)

今日は何曜日?

休みが続くと、次第に曜日が分からなくなっていくのですね…。



今日は晴れたら世界のナベサダ(ナベアツじゃないよ)を観にいこうと思ってたの。

でも昨日から降り続いた雨できっと芝生も濡れているだろうし。
金曜から悪化してきた風邪のせいで咳が出てて、朝から声も変。
父からも電話で「今日はちゃんと寝てろ!」と言われてしまった。

ナベサダ!次は絶対行くからな!!(←何様)



さて、すっかり昼夜逆転傾向にある私。
ほっとくとすぐに夜型人間になってしまいます。

なんで夜ってあんなに作業がはかどるのかしら。


今日は生ナベサダが聴けなかったので、代わりにコルトレーンのCDがBGM。
(ナベサダじゃないんかいっ)

ジョン・コルトレーンが、デューク・エリントンとセッションしてるCDです。
1962年9月26日、ニュージャージーでの録音。

私が好きな音楽は…。
「いつ聴いても、いつの時代でも、決して古くない音」

だからって新しくある必要もなく、生活にすんなりとさし色をくれる音楽が好きです。

20:33  |  薦盤 MusicCD  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.05.03 (Sat)

ミシェル・ペトルチアーニ

彼は先天性の病気で骨がもろく、身体もちっちゃい。
でも演奏はでっかいんだぁ。カッコイイ!!

彼が影響を受けたのは、私も大好きなデューク・エリントン。
それで『A列車で行こう』はよく演奏してるんだよね。

たまたまyou tubeで演奏を観てたら、ドラムがスティーブ・ガッドさんでした。
あぁ!なるほど!そっか、そういうことか!(ひとりで納得)

っつーか、このピアノトリオすごくない?


14:11  |  薦盤 MusicCD  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.11.18 (Sun)

羊毛とおはな

もう結構前のことなのですが…。
new style で雑貨を見ていたときのこと。

店内で流れるガットギターの音に耳が止まってしまいました。
ギターとヴォーカルだけのシンプルな音。

すぐ店内を見回し、店員さんに声を掛けました。
「今かかってる音楽は何ですか?」

それが『羊毛とおはな』の【LIVE IN LIVING】というアルバム。

羊毛とおはな

私が購入したのは、ヴィレヴァンやニュースタイルでの限定盤みたいです。

『Englishman in New York』のギターのカッティングがカッコイイ。
オリジナルとカヴァーのバランスも好き。

↓今年11月、全国発売されてるアルバムもあるみたい(^^)

18:17  |  薦盤 MusicCD  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.10.27 (Sat)

ポール

ポール・マッカートニーは、年取ってからの声の方が好きなんだぁ~。

年取ってからの声で「おいこら!なんだバカヤロー」と叫んで欲しい。
と思ってるのは、私だけ?



ところで、もしも『前世』なんてものが本当にあったなら。
私はきっと

『ライヴ中に熱狂しすぎて心臓が急停止したアメリカ南部のオッサン』

だったと思う。

その前は『イタリアの料理人』。
その前は『スペインの哲学者』。
その前は『フランスの貴族』。


23:39  |  薦盤 MusicCD  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.10.24 (Wed)

風邪引いた

寒暖差によるアレルギー反応だとばかり思ってた鼻水とクシャミ。
とうとう風邪になってしまいました。

昨日は朝から仕事に行ったものの、あまりのキツさに午前勤務で帰宅。
午後はPL(風邪薬)飲んで、ずぅ~っと寝てました。

熱があるっぽいのに、結局体温計が見つからなかった。
こないだ掃除したときに、どっかに片付けたんだけど…。

今朝6時の時点では身体がダルくて、とりあえず仕事を休む予定でした。
でも7時半の時点でずいぶんスッキリしてたので出勤。

咳が出るのでマスクはしていたものの、どうにか一日仕事できました。


ところで先日、CDプレイヤーが壊れました。
テレビの次はCDプレイヤー。うちって変な電磁波でも出てるのか?

とにかく、CD入れる場所の蓋が延々と開閉し続けて止まらないの。
いつまで経っても音楽なんて鳴りやしない(汗)
moblog_244914.jpg

仕方ないので、5,000円弱の薄型CDラジカセを買ってきました。
それだけでも普通に音楽が聴けるんですが、せっかくなので…。
moblog_247459.jpg

プレイヤーと繋いで、AUXで聴けるようにしました(*^▽^*)
AUXに繋ぐためのコード、680円なりー♪
蓋が勝手に開かないように、ガラスのプレート乗せてます(笑)

あー。これでスピーカーも無駄にならずに済んだ☆

で、今聴いてるのはコレ。
アット・ジャズ・カフェ・ボサ・エディション アット・ジャズ・カフェ・ボサ・エディション
バーデン・パウエル、セルジオ・メンデス&ブラジル’66 他 (2003/03/26)
ユニバーサル ミュージック クラシック

この商品の詳細を見る

職場のY川さんから借りてきました。
あるグループの活動でBGMに使ってるものです。

Y川さん曰く、うちの父に影響されて最近よく聴いているんだって。
ジャズとかボッサとか…。

えっ!?父と実際に会ったことも話したこともないのに!?(笑)

Y川さんは特にウェス・モンゴメリーのギターが好きらしいです。
こんな風にジャズやボッサの輪が広がってくなんてのも面白いねぇ~♪

20:51  |  薦盤 MusicCD  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.09.14 (Fri)

愛唄

最近GReeeeNの歌が流行っるでしょ。
最初にコレ聴いたときビックリした。

だってサビが…。
槇原敬之の曲の中で、私が一番好きな歌とおんなじなんだもん!!

まぁ、でもさ…。
マッキーはそんなこと気にするほど、ちっちゃい人間じゃなかろう。
自分も某漫画家に、盗作だとか言われて憤慨してるワケだし。

ところで。
あの歌が大好きで、ピアノの弾き語りをかなり練習した私。

 僕のあげたものでたくさんの
 人が幸せそうに笑っていて
 それを見た時の気持ちが僕の
 探していたものだとわかった


いつか自分のコンサートで演奏しようと企んでた。
でも仕事で覚えるべき曲たちに埋もれ、披露しないまま記憶の底へ…。

いつの間にか、カラオケでもろくに歌えなくなってた(笑)

GReeeeNさんたちのおかげで、また思い出せたよ。
ありがとー☆

また頑張って練習しよ。

僕が一番欲しかったもの
↑これ、フラッシュだから、ちょっとばかし重いかもよ(^^)

21:59  |  薦盤 MusicCD  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.06.17 (Sun)

ONE / Angela Aki

先日、最近依頼が多くてマンネリ化してきた自分の曲作りの参考になるよう、ピアノで曲を作る人たちをチョイスしてCDをレンタルしてきた。

ギターで曲を作るのとはやっぱちょっと違ってる気がする。
コードの運びだったり、メロディーラインの構成だったり…。
うまく表現できないけど、ギターの方がピアノよりも軽快になれるような。

私は根っからのピアノ弾きなので、ギターでの作曲に憧れる。
でもやっぱ、自分が自由に音を出せるのはピアノなんだよね。
ないものネダリ。。。

今回借りてきた中で、「ピアノってこんなに軽快になれるんだなぁ」って思えたのは、SUEMITSU & THE SUEMITH。風味堂もそうだけど、やっぱり男性のピアノは力強い。

…私にはなかなか出せない味だな。

この手の音楽性は見習いたいところで、これからの課題。
そんな中で、現段階の自分で一番感銘を受けたのは、アンジェラ・アキの『ONE』。
ONE ONE
アンジェラ・アキ (2005/06/20)
インディペンデントレーベル

この商品の詳細を見る

歌も発声と発音の美しさが際立っているし、ピアノの響きも綺麗。

この発音の美しさは、外国人の血を引く彼女だからこそ大切にしてるものかな。一青窈にしたってそうだけど、日本語を本当に大切に思えるのは、日本を外からの目でも見れる人たちの特権だと思う。

とはいえ、矛盾してるかもしれないけど、このミニアルバムの中で私が一番好きなのは、本人の作詞作曲であり、全編英語詞の『Warning』。ピアノも歌も伸び伸びしていて、歌っていることが本当に楽しそう。

私もこの曲歌ってみたい!って思った。

「We're All Alone」ボズ・スキャッグス、「A Song For You」レオン・ラッセル、「Never Is A Promise」フィオナ・アップル、といったカヴァー曲も3曲入っているんだけど、誰もが知ってる曲だからこそ、彼女の歌唱力と澄んだピアノの音が際立ってる。

今までも、携帯の着うたフルでダウンロードしたアンジェラ・アキの『サクラ色』は聴いてたし、カラオケでもよく歌ってたけど、こんな風にまとめて曲を聴いてみたのは初めてで、他の楽器に憧れがちの私に、ピアノだけでも充分な表現力が出せるんだってことを気付かせてくれました(^^)
20:20  |  薦盤 MusicCD  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.04.17 (Tue)

Ally Kerr

最近、家での作業中に聴いてるのは『Ally Kerr』。

Calling Out to You Calling Out to You
Ally Kerr (2005/06/27)
Neon Tetra

この商品の詳細を見る

アニメ『蟲師』のOP"The Sore Feet Song"を聴いたときに、いい感じに耳に残ったのでアルバムを購入してみました。

いいなぁ。ホッとする。
23:59  |  薦盤 MusicCD  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。