2005年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2005.06.30 (Thu)

バネ指

腱鞘炎になってしまいました。
フルートでのコンサートがもうすぐなのにマズイです。

原因はギターの弦の押さえ方ではないかとの事。
変に力が入りすぎているのだろうと…。

自分ではそんなつもりはないのですが
完全に空回りです。
スポンサーサイト
00:40  |  日常 Daily life  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.06.29 (Wed)

音。

私が受け持つ若い対象者の中に、絶対音感を持つ方がいます。

絶対音感には訓練してできたものと生まれつき持つものがあり
訓練してできたものの場合、音に対する敏感度は和らぎます。
音楽に対しての音感はあるのですが、生活に支障はありません。
これは小さい頃からの訓練で身につける事ができます。

しかし生まれつき持って生まれた絶対音感を持つ人には
雨音とグラスを洗う音のハーモニーが不協和音に感じたり
お皿にフォークがあたる音が音符に聞こえたりします。

…もちろん全ての人がそうではありませんが。

世の中のもの全てが綺麗なハーモニーなら良いのですが
このご時勢、車の騒音や工事現場の音など不協和音はいっぱい。

でも自然界の音には不思議とそんな不協和音的なものはなく
調和し合って成り立っているので、なんだか不思議ですよね。

私の受け持つ対象者は、生まれつきの絶対音感を持ち合わせ
全てのものが音符に聞こえ、一日中音楽と対話をしています。
今まで特別に音楽教育を受けたことはないので、学校以外で
『音楽の先生』という存在に出会ったのは私が初めてです。

その方がセッション後泣いていました。
私より少し年上の男性で、見た目はとてもハンサムです。

「どうかされましたか?」と私が聞くと、こう言われました。

「先生のピアノに涙が出るんです」

「私、そんなに悲しいピアノを弾いていましたか?」
「いえ。先生のピアノは、ボクの心を広げるような音ですよ」

音楽療法は別に、演奏して人を感動させるものではありません。
相手に寄り添い、相手を引き出し、方向性を見つける仕事です。

他の職種のセラピストと同じです。
ただその媒体が『言葉』ではなく『音楽』というだけ。
だからこそ、言語を持たない人たちとも関わることができます。
つまり、言語では表現できない部分を扱うことができるのです。

「音楽はお好きですか?」そう切り返すとその方が答えました。
「はい。マーシャルの音が特に好きです」

…?マ、マーシャル??

「マーシャルってアンプのマーシャル?」
「はい。マーシャルの音は心に響いて鳥肌が立ちます」

それから延々と、その方の音楽を話を聞いていました。
カシオペアのアルバムの中に、どうしても納得のいかない
微妙に外れたギターの音がかすかに入っているという事など…。

病気により、その話の数々に繋がりが乏しいことも多く
脈絡がない事も少なくありません。

そしてひとしきり喋ったあと、
さきほど泣いていた理由を詳しく話してくれました。

私のピアノは心に入り込んできて、どうしようもないそうです。
その方に対するセッション後、数時間は経っていましたが
ずっと心が揺さぶられたままだったのだそうです。

つまり私はクールダウンをきちんと行えてなかった訳ですね。
この部分に気付けなかった自分に対し、反省しています。

私はピアノ科卒ですが、ハッキリ言ってフルートの方が得意。
そこまで自分のピアノの技術に固執する事もありません。

コンクールにも自分の意味を見出せず、特に興味もありません。
誰かと競って一番になろうなんて思った事もありません。
あくまでも、自分の内側を表現する手段でしかありません。

だけどその方の話によると
どんなプロの演奏よりも心に入り込むのだそうです。

楽器はあくまでも、表現手段の媒体でしかありません。
私もその媒体から伝えられていたんだという事には感激です。

でもその方はそれで泣いていた訳ではありません。


せっかく良い音なのに、時々出てくるミスに涙が出ました



…。


言い訳をするとしたら、セッションの音楽に練習はありません。
その場でその空気を感じて音を鳴らすので、その場が本番。

歌謡曲を使うにしても、ほぼ初見状態だというのに
メロディー譜をサラッと見て、歌詞を確認しつつ先読みをし、
さらに歌をリードしながら、対象者の方を向いて弾きます。


…。


いいえ。ただの言い訳です。



まだまだ精進です(-_-)
12:19  |  仕事 Works  |  TB(2)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2005.06.28 (Tue)

近くで・・・。

なぜかやたらと誉められた一日でした。
普段あまり誉められることのない私なので、素直に嬉しいです。

私は普段だいたいいつもスッピンで仕事に行きます。
それに加え精神科の場合、入院病棟の患者さんたちの中には
妄想や嫉妬の強い方たちも多いので、服装も地味目で行きます。

今日もジーンズ。顔はスッピン。髪は軽くまとめただけでした。
ところが、なぜか今日に限って「先生綺麗ね」と言われまくり。

「近くで見ると綺麗ねー」「近くで見ると美人なのねー」
「近くで見ると肌が綺麗ねー」「近くで見ると色が白いねー」

この「近くで見ると」というのがポイントらしいのですが・・・。

昔好きな人に言われたことがあるのを思い出しました。
「フミは、近くで見るとイイ顔してるのになー」
23:40  |  仕事 Works  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.06.27 (Mon)

人生いろいろ

rikon.jpg

生きていれば色々あります。
それもまた、後になって振り返れば思い出の一つ。

いまを悩む人と、過去を振り返る人。
振り返る思い出さえ奪われてしまった人。

私のクライエントさん達は本当に様々な人生を抱え
今日という一日を精一杯生きてらっしゃいます。

今日は引き裂かれるような思いを打ち明けてもらいました。

私も今を生きる一人。
この一瞬を大切に生きていかなければならないと思います。
23:24  |  仕事 Works  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2005.06.25 (Sat)

記憶のチカラⅡ

昨日書いた、アルツハイマー患者さんへの音楽療法の話。
まさに今私が体験している内容が、テレビで放映されていた。

表情もなく、言葉もなく、自分で食事も取れない。
文字を読むこともできない。目の前にある物が何か分からない。

そんな方が、セッション中は笑顔で歌詞を間違う事なく歌い
セッション後は、私と会話することもできるのです。

たしかに現時点では、その時間は短いものです。
だけどこれから継続していくことで、延長できるかもしれない。
脳の回路を繋ぐための、促しができるかもしれない。

今私はそういう希望を抱いて、その方と関わらせて頂いてます。
23:53  |  仕事 Works  |  TB(1)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2005.06.24 (Fri)

伯母の服

私が今日来ていた服は、伯母からいただいたもの。
その伯母は若くして、癌で亡くなってしまいました。

伯母はとても美人で、まるで女優さんのようでした。
背も高く、いつもセンスの良い着こなしをしていました。
長い髪は手入れが行き届き、そこらの女優よりずっと綺麗でした。

その娘、つまり私のイトコも美人です。
基本的には私と似ているのに、なぜか私と違ってかなりの美人。
肌は透き通るように白く、キリッとした顔立ちをしています。

今日はそんな伯母から形見でいただいた服を着ていました。
ちょっとアジアンな感じのチェニックっぽい服装です。

先日もある施設にその服を着ていくと、クライエントさんたちが
「今日はいい服着てるね~」と話しかけてきました。

私にとっては本当に何気ない1着です。
伯母からは他にも兎の毛皮の様なコート等をいただいていますが
それに比べると、本当にどこにでもあるような夏服です。

でも今日はある病院で患者さんから「その服を下さい」
と言われました。その方は妄想のある患者さんです。
「この服がどうしても欲しいのです。どうかいただけませんか」

「ごめんなさい。これは私の大事な服なんです。」と言うと
「要らなくなったら絶対に私に下さい。お願いします」
わざわざご丁寧に、自分の連絡先まで教えてくれました。

この服を着ていると、なぜかそうやって話しかけられます。

実は大学を出るときに守衛さんにも話しかけられました。
「今日はえらく良か服着てるね。それは買ったのね?」

「いえ。これは伯母からのいただきものです」
「そうだろう。良か服だもん。大事にしなさいよ」

本当に何気ない服なんです。
インド綿っぽい生地に、アジアンなデザインとプリント。

もしかしたら、伯母のお気に入りだったのかもしれません。
オシャレな伯母の気持ちが、この服に宿っているのでしょうか。
とにかく、この服はひとの目を惹くようです。

…不思議。
23:27  |  仕事 Works  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.06.24 (Fri)

失認

「失認」ってご存知ですか?
病気などによって、認知がなくなってしまう状態をいいます。

たとえば目の前にヘアブラシを置かれたとします。
でも失認の状態によっては、それが何なのか分かりません。

ヘアブラシを手にとって「髪をとくものよ」と教えます。
そこでようやくヘアブラシは髪をとかすものだと分かります。
でも症状が進んでいる場合、なぜ髪をとかすのか分かりません。

私の患者さんには、自分の名前さえも分からない人がいます。
その人にとって、世の中の全てのものに意味がないのです。
表情は乏しく、今では言葉さえも意味がありません。

若年アルツハイマーに加え、ある合併症があります。
まだとても若い方です。本当ならまだ人生これからの年齢です。

よく冗談で「私アルツかも~」と軽く言う方がいますが
私はそういう人たちに、一度言いたいと思っていました。
実際のアルツの方と、そのご家族の気持ちを考えて下さいと。

ご本人は目からの情報、耳からの情報、触覚、嗅覚など
いろんな情報が入手できますが、ほとんどに意味がないのです。
まるで暗闇にいるように。外国に放り出されたように。

その患者さんが私の横を通るとき言ってくれました。
「また来月来てくれるとだろ?」

スタッフみんなの動きが「えっ?」と止まったほどの驚き。

言葉も物も意味をなさなくなってしまった方。
発病まではある程度の地位を得、家庭を築いて来られた方が
いきなり病魔に冒され、家族の記憶さえも奪われてしまう。

でも、その人生の中に息づいてきた音楽は残っているのです。

歌を口ずさみながらニッコリと微笑むその方は
私が普段どんなに言葉掛けを行っても反応がありません。
宙を見つめ、硬い表情のまま…。

それなのにセッション後数分だけは私に言葉掛けをされるのです。
それも、私が来月来る…という事が理解できている。

…でもその10分後。
その方はまたいつもの状態に戻ってしまいました。

音楽は情動に直接働きかけるものだと言われています。
母親の胎内に芽生えたときから、命の燃え尽きるまで。
心臓の鼓動を基として、一生流れ続けるものなのです。

たとえ耳が聞こえなくても。鼓動のリズムを感じながら生きる。
それが生命なのだと言われています。

今回、責任の重さを感じると共に音楽の素晴らしさを実感しました。
これからはその患者さんを少し重点的に診ていきたいと思います。
23:08  |  仕事 Works  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.06.22 (Wed)

オニオンリング

作ってみました!!モス風オニオンリング!!

なんなんですか。これはっ!!
ビールを入れたから?粉と水分の量が絶妙だったから?

なんかよくわかんないけど、かなり美味でしたっ☆

衣のサクサク具合といい、味といい…。
これですよ。私が求めていたのは。

あ、そうそう。
ホントはレシピと少しだけ変えたことろがあります。



えっと…。



ビールが高かったので、発泡酒にしました(笑)
21:46  |  日常 Daily life  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.06.22 (Wed)

ぶくぶくぶく・・・。

最近あまり夢を見なくなった。

細かいことを言えば、夢はいつも見てるけど覚えてない
ってだけらしいんだけど、この場合はそういうのはご勘弁。

一時期は毎晩、細切れのようにいくつも見てたんだけどね。
最近は熟睡できてるってことなのかな?

昨夜は久しぶりに夢を見た。

リアス式海岸沿いで車を走らせる私。
景色から行くと、天草あたりなのかな?
なんとなく、小さい頃に見た景色のような気がする。

仕事に行くときのように、私は普通に車を走らせる。
急いでいるのか、そのうちだんだんスピードが乗ってきた。

次の瞬間。

私はカーブを曲がりきれず、崖のガードレールを破り
そのまま左側の海に、車ごと投げ出された。

特に衝撃も感じないまま、ふんわりとした感触で水の中へ。
ぶくぶくぶく…。

沈みながら考えた。
「これは夢だからいいんだ」
「もし夢じゃなくても、それはそれで仕方がない」

激しい感情もなく、ただそのまま海の底へ。
昨夜テレビで、海で戦没した船の映像を見たからなのかな。

あの船の乗組員はどんな気持ちだっただろう。
そんなことを考えながら眠りについたからかもしれない。
18:33  |  日常 Daily life  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.06.21 (Tue)

杉浦太陽

「杉浦太陽」って今はすぎうらたいようクンだけど
ウルトラマンコスモスに出た頃って、読み方違ったよね~?

なんて話になった。

まぁ。別にファンじゃないし
どうでもいいことなんだけどさ(笑)

でもこれが、気になりだしたら止まらない!!

で、調べてみました。

結果…。



すぎうらたかやす



あぁ~!!そうだった。そうだった。
たしかたかやすクンってのは本名なのよね。

スッキリしたー。


ところで、太陽クンには弟がいたよね?
たしか仮面ライダーだったと思うんだけど…。

ウルトラマンの弟が仮面ライダー!!
って話題になってたような覚えがあるんだよね。
23:43  |  日常 Daily life  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.06.20 (Mon)

モスのオニオンリング

モスのオニオンリングが大好きな私。
cal_photo_s14.jpg

タマネギをたくさん貰ったので、オニオンリングを作ってみた。
でもどうもうまくいかない。食べる頃にはしんなりしてしまう。
なんだか、田舎のお婆ちゃんたちが作る衣の厚い天ぷらみたい。

モスのオニオンリングはなぜあんなに美味しいんだろう?
いつまでも衣がパリッとしてるし、スパイスも効いてる。

オニオンリングの作り方。誰か教えてください。
15:01  |  日常 Daily life  |  TB(2)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2005.06.20 (Mon)

忘れないように・・・。

エンタでショーin kumamoto

8月17日(水)
会場:熊本市民会館
出演:ヒロシ/アンガールズ/飛石連休/三拍子/
    インスタントジョンソン/さくらんぼブービー

開場:(1部)14:30(2部)18:00
開演:(1部)15:00(2部)18:30

チケットは全席指定:3600円。
6月25日(土)10時より、チケットぴあ・ローソンチケットにて発売。
チケットぴあ・Pコード:362-278
ローソンチケット・Lコード:89730

問い合わせ:[RKK公演情報係]096-328-5639
13:42  |  その他 Others  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.06.20 (Mon)

青春の1ページ

彼の実家に行ったときに思いました。

mikan.gif
「お父さんもまた、みかん星人に似ている」と…。

そんな彼はいつもモテモテでした。
「カッコイイ」とも言われてました。

世の中、捨てたもんじゃありません。
08:02  |  日常 Daily life  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.06.19 (Sun)

好きになった人。

私が学生の頃大好きだった人…。

その人は、みかん星人に似ていました。
mikanR.gif
∠似てるとかいうな。
22:05  |  日常 Daily life  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.06.18 (Sat)

クリーニング

スーツをクリーニングに出しました。

家からわりと近くにできた、新しいクリーニング屋さん。
近いから…って理由だけで行ってみたのですが、なんと入会時半額!!
早速会員になって、9点もの衣類を半額で出してきました♪
しかも次回から使える、2000円分の割引券ももらえちゃった!

基本的に私は、クリーニングには極力出さないようにするタイプなんです。
おしゃれ着洗い用の洗剤で洗える分は全部洗っちゃう。
服を買うときも、おしゃれ着洗いができるか確認してから買います。
だからクリーニングに出すのはスーツやコート、あと型崩れの心配なものだけ。

でも私の後輩は、下着以外全部クリーニングに出しちゃうんですって。
下着は手荒いするから、物心ついた頃から家には洗濯機がないとか。
綿のTシャツだってクリーニング屋さんに出すんだから驚き。

確かにお金持ちなんですけどね。Tシャツ一枚とっても高級ブランド。
洗濯機なんて信用できないのかもしれないです。世界が違うな~。

ところで、今悩んでいることがあるのです。

実はこないだサザビーの白い帆布バッグに、麺つゆをこぼしてしまいました。
形の関係上、自分では洗濯ができそうにないのでクリーニング屋さんへ。
でも「型崩れと色落ちにに責任持てないのでバッグは…」と断られてしまうのです。

バッグについた汚れや染みって諦めるしかないのかなぁ?
サザビーに持っていけばクリーニングしてくれるのかな?
22:30  |  日常 Daily life  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2005.06.17 (Fri)

突発性難聴

尊敬しているPTが、突発性難聴で片耳の聴力を失った。
もう、ほとんど聴力がない状態なのだとか。

今までの治療・検査状況から考えると
聴力回復の見込みはほとんどゼロに近いとのこと。

それは突然のことで、誰も予測できなかった。
ある日突然、何の前兆もなく、めまいも耳鳴りもなく
この手の専門家集団の中にいても、予測できなかった。

「片耳だったからどうにかなるよ」なんて
人は言うけれど、そういう問題ではないはずだ。
聴こえない方の耳には、音の変わりに耳鳴りがこだましている。

先生。また私たちのところへ、戻ってきてくださいね。
22:58  |  仕事 Works  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.06.17 (Fri)

オラは人気者?

昨日買ったばかりのギターを車に積んでいた私。
いつものごとく大学に仕事に行き、駐車場に車をとめた。

大事なギターをこのまま車の中に置いておくわけにはいかない。
駐車場は日当たり最高の場所だし、学内に持っていくとするか。

ギターを抱え事務室へ。いつものように出勤簿に印鑑を押す。

すると事務室にいたみなさんに呼びかけられた。
「それなに?ギター?今から演奏か何か?」

うちは一応音楽大学なので、
学生たちが学内で楽器を持っていても変じゃない。

それに、クラシックだけでなくポピュラーアレンジや
コンピューターミュージックなどの学科もあるので
エレキギターを持ち歩いてる人がいても別に変ではない。

でも職員の私がエレキ抱えて歩いてるのはちょっと変(笑)

「昨日買ったんですよ~♪レ・ス・ポ・ー・ルっ☆」

するとあちこちからお呼びがかかる。
「ちょっと見せて~。何~?バンド?こういう趣味あったの?」
「そうなんですぅ~。バンド始めたんですぅ~♪」

ギターを弾ける職員さんがケースを開けてギターを出し
チューニングをして、弾き始めた。

「もともとの専門はピアノだよね?ギター弾けるんだっけ?」
「いえ。これから頑張るんですよー」

「はぁ?」
「えへへ。他にもオベーションとか持ってます♪」

「あ。そういえば今日はギターの先生が今レッスンやってるよ」
「おっ!今日はギターのレッスン日ですか!」

「キミも行ってみたらいいよ。学生と一緒に習っておいで」
「えー。でも私が習ってもいいんですか?」

「いいよ。レッスン代いらないから、旋律だけでも習ってきな」
「わ~い」

でも行かなかった。

だってクラシックギターのレッスンだもん。
みんな真剣にクラシックギターの練習してるんだもん。
レスポール持ってレッスン行ったらアホだわさ。

今度ギターのレッスン日と私の出勤日が合ったら
クラシックギター持参で行ってこようかな。
22:56  |  仕事 Works  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.06.15 (Wed)

ヤバイ顔。

起きたら顔が腫れ上がってた。
まぶたも両方腫れぼったい。
目を開けてるのが辛いような状況。
しかも頭痛までっ。

…ありゃ?もしかして寝すぎた?

でも体の疲れはずいぶん取れたぞ!!
寝不足は元気印の大敵ですからっ(>▽<)ノ
18:14  |  日常 Daily life  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.06.15 (Wed)

事故

知り合いが大事故に遭いました。
バイクで交差点を走っていて、トラックにはねられたのです。
かなりの大事故でした。

顔面と頭蓋骨を骨折し、顔は骨折により陥没している状態。

生きているだけでいい。
本当に周囲はそう思うものです。

だけど・・・。

仕事もできず、病院のベッドの上で過ごし、
右半身の自由を奪われ、痛みに耐える日々。

彼は笑わない人になってしまいました。
18:11  |  日常 Daily life  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.06.14 (Tue)

嬉しい再会

「私、先生の事どっかで見たことあるわ~」

そんな事を言われた。発言の主はご年配の看護師さん。

「ひゃぁ~、ホントですか~!!どこででしょうね~!?」

こういう場合、仕事上でお会いしている場合と
プライベートでお会いしている場合の2パターンがある。

「他にもいろいろな所で(音楽療法を)やってる?」
「やってますよ。病院や施設などいろいろと…」

精神科という場所柄、県立劇場でやったバンドの事かもしれない。

するとその看護師さん。

「あっ!大学病院にも行かれてたよね?」
「え?はい。」

なんか意外だったー。大学病院と関わったのはほんの少し。
たまたま私がドクターと知り合いなのでやらせて貰った場所。

そのドクターとは仕事とは関係のない場所でのお友達だったので
お互いの仕事を知って「じゃぁ、やってみる?」
なんて話になって始めたところだった。

正式な雇用ではないのに、高額なギャラをいただいたり
わざわざ歓迎会を開いていただいたりと良い関係性だった。

でもその後は、私も相方も忙しくなってしまったため立ち消え。
ドクターとは今でもたまにメールをやり取りしているけど
なかなかセッションに伺うまでには至らない状態。

ミーティングには何度も伺ったけど、セッションは2回。
なので、その話が出てくるなんて思わなかったのだ。

「私あのとき、あそこで働いていたのよ~」
「え~!!そうなんですか!?」

「忙しくなったとは聞いてたけど、ここにいたとはね(笑)」
「ははは…。びっくりしますよねぇ~」

「大学病院でもアンコールの声がたくさん出ていたけど?」
「え?そうなんですか?」
「もう行かないの?みんな待ってるよ」
「そうですねぇ。行きたいとは思ってるんですけど、なかなか。」
「そう。みんなガッカリするねぇ」

早速ドクターにメールしとこう。今年中にまた伺います。
18:15  |  仕事 Works  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.06.07 (Tue)

ある女性患者さんとの会話

「先生。私ね、今とっても好きな人がおるよ」
「へぇ~!どんな方ですか?」

「その人はピアノが弾けて、歌う声も綺麗でね…」
「ほぅ。ほぅ。そりゃ羨ましい」

「それに、その人はフルートも上手でね…」
「あらら。フルートも吹かれるんですか!!」

…ラ、ライバル出現!?

「それと、その人は手話もできるとよ」
「手話まで!?すごい方ですね~」

「いつもジーパン履いててね、それが似合うとよ」
「へぇ~。ジーパン似合うなんてかっこいいですね」

「でね。ライオンに似とるよ」
「ライオン!?あはは。それってどなたの事ですか?」

「先生。あんたの事ったい」
「へ?私??」


①ピアノが弾ける。⇒うむ。まぁ、それが仕事だしな。

②歌う声が綺麗。⇒へぇ♪そう聴こえるのかな?嬉しいな。

③フルートが吹ける。⇒うむうむ。

④手話ができる。⇒たまに手話歌やるし、ほんの少しだけね。

⑤ジーパンばっかり履いてる。⇒これは異論なし。

⑥ジーパンが似合う。⇒あー。これは主観の問題よね(笑)

⑦ライオンに似てる⇒へぇ~。って??んっ??えっ!?


ラ、ライオン!!??


もしかして、いつも頭がボサボサってことか?(笑)
いや。いつも結んでるし…。やっぱ顔っ(゚Д゚;)!!??

ライオンっつたら、やっぱ雄ライオンか?



…これだから精神科は面白い。
18:20  |  仕事 Works  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.06.06 (Mon)

(/ω\)ハズカシーィ

今日は若~い男の子のトイレ介助をした。
ちょうど職員さんたちがみんな忙しい時間だったの。

「しぃしぃ~」(←「おしっこ」の意)と
自分の下腹部を、何度も指差す彼。

「おしっこしたいの?」「はいっ」
トイレまで歩行介助をしつつ、連れて行く。

「おしっこ自分でできる?」と聞くと「??」という顔。
「自分でパンツおろせる?」と聞くと「はい!」とニッコリ♪

そして…ポロリ~ン。
あぁ。モロ出しだぁ~(/ω\)しかも目の前でぇ~。

でも相手はニッコニコ。
しかもモロ出しで突っ立ったまま。

「いつもどうやってするの?座ってする?」
するとニッコリするので、方向を変えて便座に座らせてみた。

でも私の顔を見ながらニコニコ…。おしっこをしてくれない。

「もうおしっこ、したくなくなったのかな?」
すると「はい」とニッコリ。

「じゃあ立ってパンツ履こうか」
すると「はい!」と元気なお返事。

便座から立ったものの、そのまま私の顔を見てニコニコ。
モロ出しのままじゃ困るので、パンツとズボンを上げてあげた。

すると、ニコニコ満面の笑みでトイレを出ようとする。
「ダメだよ。手を洗ってから出なきゃ汚いよ」

手を洗ってから、私の手を引いてニコニコとトイレを出る彼。

若い男の子と言っても、一応、成人してますからね。
やっぱりモロ出し見るのは、ちょっぴり恥ずかしかったです…。

だって成人してますからぁ…(-_-;)

そのあと何食わぬ顔で、私の手を引いて施設内を歩き回る彼。

職員さんたちにその話を報告したところ
「先生に構って欲しかったんですよ」とのこと。

構って欲しいときに「しぃしぃ~」と嘘をつくらしいです。
『嘘』って言うと語弊があるけど…。純粋なんですね、きっと。
18:23  |  仕事 Works  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.06.06 (Mon)

仕事増量中

あ、そうそう。
来月から、一日勤務の場所がもう1箇所増えるよ。
この日記サボって頑張り続けた甲斐があった?(笑)

第1月曜と第3金曜は、某施設に一日勤務。
毎週火曜日は、某精神科病院に一日勤務です。

一日勤務の日が増えると、車での移動距離が省けて嬉しい♪
それに、一日勤務していれば色んなことが見えてくるはず!!

職員さんたちとも仲良くなれるよねっヽ(´ー`)ノビバビバ☆
なんだか気が合いそうな、カワイイ女性職員さんがいるの~っ♪

…でも「結果を出すこと」がプレッシャーになってくるのさ(-_-)
あー。あー。あー。
18:22  |  仕事 Works  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2005.06.03 (Fri)

ケーさん

ケーさんと会った!

私がホームページを最初に作った頃からのお友達。
6年以上の付き合いになるのでは?

会ってびっくり。
ケーさん、背が高~~い!!イメージと違~~う!!

いや。ケーさんはケーさんで
私の事をもっと背の高い人だと思ってたようだけど(笑)

身長180cmくらいとかっていうし、超スリムなナイスガイ。
お~ぅ。ビックリだよ。

いやぁ~。なんか感動したね。

熊本城も一緒に行きたかったけど、時間がなくてごめんよ。
18:26  |  日常 Daily life  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。