2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2005.12.19 (Mon)

文才!?

ともあきには文才があると、ある先生に言われました。
話の中から、言葉が泉のようにどんどん湧いてくるのだそうです。

以前ある新聞に、ともあきの書いた詩が載りました。
そのとき初めて、ともあきの書く「詩」というものを見ました。

やたら言葉に擬音が多いのは母親譲りでしょうか…(笑)

新聞の書評でもそこを評価してありましたが、私としては書評とは別の、最初の一文目にとても魅力を感じました。そこの何気ない擬音の入れ方です。

で、今度は何やら大きな賞状をもらいました。
熊本県小学校教育研究会国語部会主催の、熊本県小学校児童文集の作品に応募したんだとか。(もちろん本人は何のこっちゃ分かってないので、応募したのは先生ですが。)

賞状の日付が「12月22日」付けっていうのがよく分からんとです。
終業式にみんなの前で渡してあげて下さいってう配慮なのかな??

とにかくスゴイぞ☆
楽しい文章が書けるようになったね!!ホント面白いヤツだなっ(笑)
スポンサーサイト
23:36  |  日常 Daily life  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

■受賞おめでとうございます

文才も母親譲りでしょうな(^^)我が子を面白いって思えるって素敵ね。

ゆすはちみつ、私も大好き。
研究のテーマに上がってたことでちょっと考えてみたんだけど
患者が看護師に求めることって
訴えた時に何かしらの手を打ってくれるって事なんじゃないかと思うの。
プラセボ(偽薬)ってのを精神科の方に使うことがあるらしいけども
ただの粉でも腹痛に効いたり、頭痛に効いたり。

ある研究で、骨を強くするクスリを飲ませた群と
何でもないただの粉を飲ませた群とを比べたら
驚くことにどちらの群も同じくらいに骨が強くなってたんだって。

その研究に使われた薬は、朝ごはんの1時間前に飲まなくちゃいけなくて、しかも飲んだ後に30分座って身体を起してなきゃいけないって面倒なクスリで。
それだけの事を毎日する事で、なんでもない薬でも身体に何かしらの効果をもたらすんじゃないかと思う。

小さい時って特にそうだよね。
お母さんや御祖母ちゃんがしてくれた事って、とても安心させてくれて、その安堵感が何よりのクスリだったりして。

きっと、ふーみんジュニアにもその味わいはすでに伝わってるよね。
で、きっと大きくなってから、実感する日がくるんだろうね。
おお、すごいな。
はる |  2005.12.20(火) 02:45 |  URL |  【コメント編集】

■おめでとうございます

うちの息子は、父親と連れションしたと書いて学級通信に載るのが精一杯なのでうらやましいです。

ブログデビューももう少しですね。(笑)
PAO |  2005.12.20(火) 03:22 |  URL |  【コメント編集】

>PAOさん

うちの息子の詞のタイトルも同じようなものです。
「せみのおしっこ」ですから(笑)


>はるちゃん

プラセボあるね。子供の初期の不登校には整腸剤を出したり。
独居の高齢者が寂しさで病んだら、何でもない薬を出したり。
でもそれで治っちゃう場合もあるんだもんね。

人間の心って繊細だよね。

結局その妙薬の本当の正体はあくまでも「安心感」であって
先生からの安心だったり、病院に連れてってくれたお母さんからの愛情だったり。
人の優しさや愛に勝る薬はないのかもね。
管理人 |  2005.12.26(月) 23:51 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://farfalletta.blog13.fc2.com/tb.php/249-e3e81778

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。