2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.02.03 (Fri)

就職

私は大学や病院・施設で働く、フリーランスの立場。

大学は年度ごとの更新。
他の病院や施設は、私が辞めたいと言わなければ無期限に自動更新。

私はこの立場が結構好きでした。
色んな場所でたくさんの事を吸収できるし、多くの人と知り合える。そんな中で色々と勉強させてもらえるし、自分の予定に合わせて仕事を組み込める。そんな部分が気に入ってました。

でもそこには福利厚生もなく、ボーナスもなく、将来に対する保証もありません。その形態に不安を持つようになってきたのも事実です。更に非常勤の臨床では、事例や症例の発表、論文制作という面において、個人情報(カルテ)の開示などにも制限があり、思うように深まらないという難点もあります。

第一まだMTに対する理解は浅く、癒し音楽などを演奏する人だと思われている節も多々あり、立場的に確立されているものではありません。

そんな事を思い悩むようになった矢先、ある病院からお誘いを受けました。
常勤で職員にならないかと。

そこは私が今まで直接関わったことのないB病院でした。
私の知り合いがそこに勤めている関係でやってきた話です。

自分がずっと憧れていたA病院と、ようやく非常勤契約ができた直後。
ものすごく揺れました。常勤は魅力。でもこのA病院とは離れたくない。
でもB病院は、福利厚生、昇給などの保障がある。

常勤の話をいただいた時間、私はA病院に勤務中でした。
一旦B病院の話を「考えさせて下さい」と保留にし、勤務に戻りました。

A病院とは非常勤の契約書を交わしたばかり。契約の内容の中に契約期限についての記載もありました。でもそれは、私から辞めたいとの意思表示がなければ無期限に…という内容。その内容からいえば、私がここで辞めたいと言えば、契約は終了になるわけです。

とはいえ、多くのスタッフが骨を折って下さった故の好条件での契約。
そのまま私の一存で去るのはあまりにも失礼です。

そこで、私が最初にA病院に関わったときからの仕事仲間であり、私が最も信頼するスタッフの一人Oさんに、勤務終了後この話を聞いてもらいました。Oさんは私の話を真剣に聞きながら「私たちは先生を離したくないけど、向こうがそんな好条件で出してきたのなら引き止める権利もない」としながらも、「また他のスタッフと相談して連絡しますね」と言ってくれました。

そして次の日。Oさんから電話がありました。
「早速事務長に話をしたところ、うちで先生を取りたいとのことでした。詳しくはNさんから連絡がありますから!でも、あくまでも先生の考えを尊重しますので、条件面などよく考えてから決めて下さいね」。

その日の夜、Nさんとお会いし詳細を聞くことができました。
それは私にとっては願ってもない話で、A病院が私を常勤で雇用してくれるということ。福利厚生、諸手当、昇給、休日、勤務時間などの話。

それらを含め、ぜひ直接、事務長が私と話をしたいとのことでした。

そして昨日、A病院の事務長と直接話をすることができました。
事務長は今から出張に行く…とのことで、ほんのちょっとの時間しか取れなかったのですが、要約すると「現在勤務中の大学や他の病院、施設などの兼ね合いがあって言い出せなかったが、A病院としてはもともと頃合いを見て勤務日数を増やして貰おうと考えていた。とはいえ、うちとしてはそうやって少しずつ日数を増やしていくよりも、この際だから職員として迎えたいと考えている」という話でした。

気持ちが落ち着いてから、B病院の件は連絡を入れ、お断りをしました。

フリーでの仕事は3月までビッチリ入っているし、他の方への引き継ぎなどの問題もあり、常勤は4月からの契約にしてもらうつもりです。昨夜は一番心残りだったある施設を、私が一番信頼しているMTに引き継いでもらえるよう直接交渉できました。セラピストの交代が困難な子どもの現場など、いくつかの仕事だけは続けていくことになっています。その他の施設や病院は、大学や研究会からの人材情報なども考慮しながら、より良い人事ができるよう最善を尽くしたいと思います。

病院の理念。スタッフのクライエントに対する姿勢。スタッフ同士の関わり。病院全体に流れる空気。色んな面でA病院は私にシックリくる場所です。

こうやって暖かく迎えていただくという事は、私に対して何かしらの期待があるという事にもなります。私がそれに応えていけるのかは、正直言って不安だったりもします。それゆえに向上心を忘れず、常に勉強していかなければなりません。

これからしばらくは、今まで関わらせていただいてきた施設に事情を説明しながら、それぞれの場所で最後まで誠意ある仕事をしたいと思ってます。

何か問題が生じたのではなく、自分のスキルアップのために選んだ今回の就職。医療や福祉の世界ではある程度認められている転職とはいえ、緊張します。
大学は「おめでとう。良かったね!」って言ってくれたんだけど…。

でも案外あっさり「辞める?あ、そう」だったりしたら凹むね(笑)
スポンサーサイト
13:44  |  仕事 Works  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

おめでとうございます!

ふーみんさんにとって一番良い結果なんですよね?
だから、「おめでとう」と言わせてください。
なんだかあたしが嬉しくなっちゃいました(笑)
でも浮かれることなく、しっかりと前を見据えてるふーみんさんを尊敬します。
不安もあるでしょうけど、ふーみんさんなら大丈夫ですよ!

なんだか偉そうなこといってすいません(^^;)
さち |  2006.02.06(月) 01:24 |  URL |  【コメント編集】

■ありがとう!

今後の人生の中で一番かどうかはわからないですが、今ある選択肢の中では一番の結果です♪

本当はかなり浮かれてます(笑)
管理人 |  2006.02.09(木) 23:11 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://farfalletta.blog13.fc2.com/tb.php/284-3c73bb79

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。