2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.09.09 (Sat)

初恋

今日ちょっとCDショップに寄ったときに目に付いた一枚。

絵日記と紙芝居~村下孝蔵トリビュートアルバム~ 絵日記と紙芝居~村下孝蔵トリビュートアルバム~
オムニバス、高田梢枝 他 (2006/07/12)
SE

この商品の詳細を見る

うわぁ~!欲しいーっっ!!

早速試聴したのですが、一通り聴いたところでやっぱりオリジナルが欲しくなりました。すぐに売場内を移動。えっとーえっとー…。

あ、あった!!

歌人‐ソングコレクション 歌人‐ソングコレクション
村下孝蔵 (1993/10/01)
ソニーミュージックエンタテインメント

この商品の詳細を見る

即購入。

はぁぁ~。優しい声だなぁ~。歌うまいなぁ~。日本語きれいだなぁ~。癒されるよ。いい歌ばっかりだなぁ~。泣きたくなるよ。

…寂しいなぁ。なんであんな早く亡くなっちゃったんだろ。急だったもんね。

私が彼の曲を意識したのは中学くらいのとき。
伯父のコレクション棚の中から見つけたオムニバスCDの中に入ってたのが『踊り子』。

♪踊りだす くるくると 軽いめまいの後に♪
の部分の歌詞とメロディーの一致感がすごく好きだったんだ。

その後すぐに『初恋』を聴いて、なんだかすごく切なくなった。
その声の甘さとか、歌い方の優しさとか。メロディーの憂いとか。

あまりにも地元に密着した歌手だったからこそ、近くでコンサートやってても「また今度行こうかなー」なんて、なかなか重い腰が上がらなくて。そうこうしているうちに亡くなっちゃったんだよね。

こないだ、患者さんの10代の女の子が「あんず色の歌が歌いたい」って言いだしたの。みんな何の歌か分からなくて彼女に歌ってもらったらしいんだけど、これまたウロ覚えのメロディーラインでよく分からない。

担当者たちが困り果てて、私のところに曲名の解明がまわってきた。
(まぁ、もともとそれも私のお仕事のひとつなんだろうけど…)

「うーん。あんず色?誰の歌かわかる?」
「わかんない」

「他の部分はどんな歌詞が入ってる?」
「わかんない」

「歌ってるのは男の人?女の人?」
「うーん。お母さん」(たぶんカラオケで歌うんだと思う)

「そっかー。そのあんず色の部分だけ歌ってみてくれる?」
「うん。いくよ!♪あっんずーいろー♪」

「んー?もしかして♪さみだれは~みどりいろ~♪ってやつ?」
「うん!それそれ!!」

私は1番の歌詞しか覚えてなかったんだけど、あとで調べてみたら2番の歌詞は『夕映えはあんず色』だったみたい。

そのエピソードは余談なんだけど、なんかね、嬉しかったんだよね。
今の10代の女の子の中で、この歌が大切な位置にあること。

私にとってこの歌は、中学時代の甘酸っぱくて切ない気持ちを思い起こさせる曲。初恋の味。

今回買ったこのCDの『ゆうこ』⇒『初恋』⇒『少女』⇒『踊り子』という流れがたまらなく切なくて、あの頃の遠い記憶をたどってみる。

なんだろう。この胸が苦しくなるような「きゅぅん」とくる感じ。
スポンサーサイト
23:53  |  薦盤 MusicCD  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

私は“踊り子”が好きです。
「爪先ぃで立ったま~ま君をあーいーしーてーきぃ~た・・・」
こんな感じでその気になって一人になるとよく口ずさんでうるうるしてました。
せつないのね。やはり。言葉も音も。
ほんと“きゅぅん”とくる。

「夜もヒッパレ」だっけ?に出てるのをチラッと見たりしていたので
訃報を聞いたときは驚きました。
ちょっとなまってる丸っこいよさそうな人だなー、
あんまり昔と変わってないなーって思ってた。
ああいう歌、歌う人そうそういないからホント残念ですね。

ちゃちゃまる |  2006.09.15(金) 11:07 |  URL |  【コメント編集】

「踊り子」いいですよねー。
あの曲がなかったら、村下孝蔵との出会いはなかったと言っても過言ではないくらい、当時の私は胸を打たれたんですよね。

記事にも書いていますが、ぜひこのCDの「ゆうこ」からの一覧を聞いてもらいたいです!!刹那過ぎて泣けますよー。

彼の歌は、全体を通して歌詞もストレートすぎず、文学的な面が好きだったりします。そこが聴く人のそれぞれの思いを映し出すんだろうなぁ。

お風呂を洗うときに、ちょっとエコーのかかったような状態で踊り子口ずさんで泣いたりしてました。「五木の子守唄」や「島原の子守唄」、あと「涙そうそう」「ハナミズキ」なんかもよくお風呂で歌って泣きますよー。これ、すでに小学高学年の頃からやってました。

なんだか切なくても泣けない日も、こういう歌があるとすぐに涙が出てきて、お風呂から出るとスッキリした気分になったりします。

よく最近のOLさんが、週に一度は泣ける日を作るとか言ってDVDを見ながら泣くんだそうですが、そういうストレス発散法と同じようなものですかね(^^;

そういう意味で、音楽ってすごいなーって思います。
映画も効果音楽あっての泣けるシーンですもんね。
ふーみん@管理人 |  2006.09.16(土) 00:09 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://farfalletta.blog13.fc2.com/tb.php/446-bd8ba2f2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。