2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.09.13 (Wed)

医療を守る

20060913203349
八代の公共医療から産婦人科や小児科が消えようとしている。
その状況を救うため、資金作りとしてのワインを購入。

県内ではまだ発売されていないという、敷島醸造のSincerityワイン。
辛口だけど美味しかったです。

今日はマグロの混ぜ寿司と共に。
赤だからホントは肉料理にしたかったんだけど…。
家計がね(^-^;(笑)

今の私にできることはこれくらいしかないけど…。
八代のみなさんの日々の安心を、心から祈っています。


私もあの時、公共医療の存在がなかったらここにはいないのです。
今このとき、この瞬間。笑うことも泣くこともできなかったのです。

しあわせ。生きてるってしあわせ。
そんなしあわせを、あなたにも届けたい…。
スポンサーサイト
20:33  |  仕事 Works  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

最近全国的に産婦人科や小児科の先生の数が
激減してるみたいですね。
すごくメディアで目に耳にします。
少し前にもうちの実家の市民病院の産婦人科の事が
ドキュメントで特集されていて、近隣の病院が減っているために
そこへ集中してしまってとてもじゃない過酷な労働状況でした。
あんな風だと自分の生活は守ることができなくなっていったり
してよほどの理解がない限り家庭と両立は難しい。
産婦人科に女性の割合が増えていて出産などで
家庭との両立が困難になってやめていったり・・・も
原因のひとつみたいですね。

私も助けていただけたのは一つ目に行った病院から近い所に
処置のできる設備やスタッフがいる大きな市民病院があったからこそ。

しあわせってなんだっけ・・・と自問自答する時もあるけど、
そんな自問自答も生きてるからできるんですよね。
ホント感謝やね・・・。
今年は一度に大量の産婦人科医と小児科医を研修医の方に
選んでいただく!とかできるといいのにね。
八代の方々も含めて普通に満遍なくみんなに医療が受けられるように・・・
ちゃちゃまる |  2006.09.15(金) 11:33 |  URL |  【コメント編集】

うちの叔母が小児科医だったのですが、昔から言ってました。

「内科は朝早うから年寄りが薬もらいに毎日来る。だから儲ける。でも小児科は儲けん。子供は1回薬出したらすぐに回復する。しかも夜中に熱出すからね。こっちも24時間体制よ。」
診療報酬の関係上、薬を出す出さないはずいぶん収入に響きますよね。

やっぱり同じ職業をするのならば、できるだけ楽でお金がたくさん貰える場所がいいというのはみんな同じです。だから医師だけを色々言ったりする人たちがいるのは納得できません。

志を持って小児科医や産婦人科医になっても、私たちのような症例に当たったとき、きっとすごく虚しくなるというのも本音だと思います。

昔私が好きだった人は、産婦人科医を目指していました。
だけど結局彼は道を選択し直し、数学の教師になりました。

理由は
「命が生まれる瞬間の喜びを味わえる。でもその反面、子どもが欲しくてもできない人がおる。子どもが死んで悲しみに震える人がおる。その人たちもおんなじ場所で治療しとる。そんな天国と地獄を客観的に見る強い人間になれる自信はない。それだけじゃない。堕胎する人もおる。胎児とはいえ、オレは人は殺せんよ。」

命の捉え方。母体の危険性。生活の安定。
いろんな状況があるだろうから、一概にはいえない問題です。
今の産婦人科の医師はそこを加味しながら頑張ってらっしゃるのだから、素晴らしい職業だと思います。私を助けて下さった産婦人科の先生や、公共医療の婦人科の先生、外科手術でお世話になった外科の先生、麻酔科の先生。。。たくさんの人に感謝をしています。

だけど最近は虐待死や理不尽な子供の死が多くて、なんだか世の中の理不尽さに憤りまで感じるのです。

当時、私は彼に掛ける言葉が見つかりませんでした。
だけど今の私だったら「だからこそ頑張って欲しい」って言えると思います。

根津先生や向井さんの問題もそうですよね。
倫理ってなんだろう?私たちの思いや生き方ってどこまでが許されるんだろう?だけど、お金と時間さえあれば、誰かに代理で生んでもらえるんだろうか?

なんだか、今ではもうあまり考えたくない問題になってしまいました。
今でも人のお産の話にはあまり自然な表情はできません。
ふーみん@管理人 |  2006.09.16(土) 00:31 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://farfalletta.blog13.fc2.com/tb.php/450-43613fab

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。