2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.12.17 (Sun)

面接&実技試験

金曜日は職場のデイケアの忘年会でした。

私の担当している活動の発表は午後からなので、一日勤務して空港に行く予定でしたが、5時過ぎに病院を出発して6時20分発の飛行機に乗るのはギリギリで不安だったので、午後から年休を出して忘年会参加はサービス残業という形になりました。

忘年会の自分の担当のグループが終わったらすぐに帰宅。
早めに空港に行き、久しぶりに空港内をウロウロとしてみました。以前から然程代わり映えはせず(笑)

風邪を引いているため、機内では耳が痛いわ咳は出るわで辛すぎ。
ようやく羽田に到着し、乗り換えながら築地まで。

途中、東銀座の交番のお巡りさんにムカついたりもしました。
詳細は伏せるけどさぁ。なんなんだよ、あのお巡りさんはっ!!

ホテルに到着したと思ったら「こちらは新館です。お客様のご予約は本館になります」と言われ、またテクテク歩いて本館へ。そこまでで非常に疲れ果ててしまいましたが、せっかくの築地の夜。寿司でも食うかぁ!と出かけたものの、土地勘がないのでよく分からず。

年末の金曜日の夜ってこともあり、どこも満杯。予約客以外はお断りされ、結局『鳥しん』さんっていうお店に入って夕飯にありつけました。そこの店長さんが、たぶん50歳代くらいと思われるけど、渋くてカッコ良かったし、料理も美味しかったのでグーです♪(笑)

日付が変わってからホテルに戻り、シャワーを浴びて熟睡。
相変わらず咳がひどかったので、湯船に熱湯を張り、薬を飲んでマスクをして寝ました。

朝起きたのは9時過ぎ。10時にはチェックアウトなので急いで準備。どうにかギリギリでチェックアウト。咳もずいぶん治まってくれたので、念のために近くのカフェで朝食を済ませた後、もう一度薬を飲んでおきました。

せっかくだからどこか観光でもしようかと思いカフェを出ると、前方から歩いて来る夫婦。よく見ると奥様の方は今回一緒に試験を受ける方ではないですか!!

ご主人は都内の某大学で講演会の理事をするとかで、一緒に上京したのだそう。そのままご主人はその大学の方へ行かれるとのことで、奥様だけをお借りして試験会場へ下見に行ってきました。

その後、会場近くのカフェでお茶をして、聖路加タワーまで観光に。

moblog_82999.jpg

煙ってはいたものの、東京タワーも見渡せました。

そしていよいよ試験。
いつもバイタルの低い私。でも今回は風邪で体温も上昇。緊張で脈拍も上昇。
かなり緊張していたからか薬が効いていたからか、咳も止まっていました。どうにか歌をうたう際に咳は出なかったものの、鼻水は何度もすすりました(-_-;)

面接では、私のポリオ患者の事例のキーワードになっていた『マズローの欲求段階説』についての質問や、他事例についての詳細等を聞かれました。面接と言うよりもスーパーヴァイズを受けているような感じで、ものすごく勉強になりました。

精神科領域で出していた事例レポートについて「この時なぜA氏に対し、B氏は暴言を吐いたんだろう?」と聞かれ「A氏に対するホールディングにばかり気をとられ、私とB氏の信頼関係の構築がなされていなかった事も問題として挙げられると思います」と答えたのですが、それについて「あなたが提供する音楽の場をもっと体感していたかったB氏がいたとしますよね。そこでA氏が喋りだしてしまった。でもB氏はもっとあなたの音楽を体感したい。そうすると、適切に穏やかな言葉でそれを制する術を持たないB氏は、暴言を吐くしかなかったのではないですか?」と言われました。

もしかしたら、いつも暴言を吐き争いの中心に存在するB氏への私のマイナスの感情が、そのまま私のセラピーに出てしまっていたのかもしれません。先生に指摘されたような考え方に変容させると、私はもっとB氏の感情を大切にできたのではないだろうか…。なんだか目からうろこでした。

面接時間を越えたので誘導担当の方が「時間です」と入ってきて、ようやく面接終了。

「あなたがこの仕事を続けていく中できっと、これからの経験でまた学べる事は多いですね(^^)」と言われ「はい。まだまだ私は勉強中の身だと思います。ありがとうございました」と答えて試験が終了しました。

個人面接に対し試験官は3名だったのですが、3名の先生方から次々と事例に関する質問が出た事を嬉しく思いました。(臨床事例を発表する上で、質問の出ない事例ほど虚しいものはないのです)

もし落ちていたとしても、今回東京まで行って先生方の意見に触れられた事は私の糧になったと思えます。
そんときはまた来年受ければいいさ(^^)

試験が終わり、タクシーで浜松町まで。そこからモノレールで羽田へ。

熊本から試験を受けに来ていたメンバーと空港で夕食を取り、心配してくれた職場のみんなにお土産を買って飛行機に乗りました。緊張が解けたのか、飛行機の中では薬を飲んでいたにも関わらず咳が酷く、前の席のご高齢の女性に「大丈夫?」と、のど飴をいただきました。

コートなしでも歩けるようなポカポカ陽気で、まだ紅葉の見られた東京。でも熊本に到着すると天候も悪く、冷え冷えとした空気にまた咳が出続ける始末。気圧の変化で耳も痛く、踏んだり蹴ったり。

でもこれでやっと一仕事終えた感じです。5年間の集大成でしたからね。
これからしばらくは、少し余裕を持って暮らせるかな。
スポンサーサイト
22:21  |  仕事 Works  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://farfalletta.blog13.fc2.com/tb.php/519-9ee56b08

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。