2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2007.07.07 (Sat)

山鹿小旅行

ピーちゃんと山鹿に小旅行に行ってきました。
…ホントは旅行のハズじゃなかったんだけど( *´ノェ`)ボソ

いやいや。ちょっとしたアクシデントがあってね。
ピーちゃんと出かけるといっつも珍道中で面白い(笑)

本来の目的は果たせなかったものの、ちょうど山鹿では七夕まつり!
070707_1.jpg

070707_3.jpg

山鹿の街並みは古き良き日本を思わせるもので、素敵です。
070707_4.jpg

八千代座にも行ってみました。
070707_5.jpg

070707_2.jpg

時間があったので八千代座近くのタオ珈琲で一服(煙草じゃないよ)。
今月のオススメらしい、「ケニア」っていう珈琲を飲みました。
酸味は強いけど、フルーティーで薫り高い、不思議な珈琲。
070707_6.jpg

そのあとは「いつものごはん ji-u」でご飯を食べました。
造り酒屋の米蔵を改造して造られているお店なのですが、2階が素敵。
ここでライブとかもあるので無造作に音楽機材が転がってました(笑)
070707_7.jpg

器にもこだわりが見えて素敵です。
070707_8.jpg

食に対する考えがとっても素敵です。
070707_9.jpg

甘酒ブロマンジェが最高でした(T▽T)
甘酒って普段苦手なのに、本来の米麹の甘さが香り高くて美味しいの。
070707_10.jpg

店主のeccoさんに山鹿灯籠まつりの意外なルーツを教えていただきました。
さらに、山鹿市の広報集を見せていただき、詳細を知りました。
とても古いお祭りだと思っていたから、新しいものだと知って驚き。

でもその新しさの中には、郷土を愛し盛り上げようとした、当時の市長や市役所の観光課長だった森川さんの閃き。そして行動力。更にその中に失わず輝かせ続けた文化の深さを知り、ますますこのまつりが全国から愛される所以を見出せました。

昭和の中頃に、郷土愛と文化の継承を考えて作られたおまつり。
私も今年からは、また違った目で感じれそうです。

「よへほ。よへほ。」

■□■参考:過去記事より■□■
 ◎よへほ節(2005/10/06)
 ◎よへほ~♪(2005/09/08)
 ◎山鹿燈籠もなか(2005/08/20)
 ◎山鹿灯篭まつり(2005/08/11)

ちなみに、今歌われている歌詞は、もともと男女の逢瀬を歌ったものを、「しゃぼんだま」などの作詞をされた野口雨情さんが改詞したものです。
スポンサーサイト
23:39  |  趣味 Hobby  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

ホホホっ
先日は失礼いたしましたっ(^^;)
でもまたステキな山鹿をたくさんみれたですネェっ☆
ますます楽しみっ(*^_^*)♪♪♪
ピー |  2007.07.09(月) 23:17 |  URL |  【コメント編集】

今日、例の書類が届きました(^▽^)v
さっそく「おくさま」に電話しときました!!

早くおくさまに郵送しなくちゃ。。。
ピーちゃんは、もう郵送したかな?
ふーみん |  2007.07.11(水) 19:33 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://farfalletta.blog13.fc2.com/tb.php/643-179618dc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。